あなはたデザイナーズマンション向き?

建築家によって新しいデザインや手法が取り入れられて設計されたマンションは、デザイナーズマンションと呼ばれ、自分のこだわりとマッチした空間で生活をするという夢をかなえてくれるマンションでもあります。

一昔前は、デザイナーズマンションというとコンクリート打ちっぱなしの壁、リビングが広いワンルーム、吹き抜けのらせん階段といったものが多かったのですが、最近では、外見だけではなく、部屋の間取りや収納機能、そして壁の質感などと、入居者の利便性や生活しやすさに着目したものが多くなってきているようです。

このようにこだわりをもった空間で生活できることがデザイナーズマンションの一番のメリットでしょう。

反対にデメリットとして挙げられているのが、住居費です。

名古屋デザイナーズマンションも、一般のマンションと比べて購入価格、または家賃、そして管理費が高めになっているところがほとんです。

また、デザイナーズマンションだからといって、すべてがよい立地条件にあるとは限らず、立地条件の良し悪しは、後々、マンションを手放すことになった際に、影響してくるポイントでもあります。

新築の場合でも、立地条件のよい場所のほうが多少、売れ行きがいいようですが、それほど左右されません。

しかし、年数を経て、中古の名古屋デザイナーズマンションとして売りに出すことになった場合は、「デザイナーズ」という肩書きよりも、立地条件や、そのマンションの耐久性のほうが重視される場合が多いようです。参考サイト→LAxury (ラグジュアリー)